[事業内容]フレキソ印刷

フレキソ印刷 フレキソ印刷

環境にやさしい印刷で驚きと感動を与えます。

フレキソ印刷とは、環境にやさしくシンプルで経済的に優れた印刷方式です。
地球規模で環境への取り組みが進んでる現在、欧米では各種包装材の印刷方式として第2位を占める評価を確立しています。
弊社では、地球環境保全に対応する次世代の印刷として、
また、鮮やかで力強い表現力と様々な特殊効果により差別化を図る高付加価値印刷として
フレキソ印刷に取り組んでおります。

お問い合わせ
特殊なフレキソ印刷のカレンダー

菱源フレキソ印刷の特長

ベタがキレイに印刷でき、色の安定が優れ、力強い印刷ができます。
UVインキやニス加工による美しい光沢と、高いインキ膜圧による高級感のある重厚な仕上がり、重ね塗りなどもキレイに印刷できます。
特殊光沢印刷や、微小文字や極細線などの再現が可能なため、偽造防止印刷などにも対応できます。
金・銀インキ、パールニス、疑似エンボス加工、蓄光インキ、特殊光沢・マット加工などによるインパクトのある印刷も得意です。
ニス塗り、型抜きスジ付けなどインライン加工が可能。
連続柄(エンドレス)が可能な巻き取り印刷。

当社のダイレクト彫刻機による版作成

環境にやさしい理由

空気を汚さない
環境対応型低公害のUVインキを使用、VOC(揮発性有機溶剤)を大幅に削減できます。
無駄を減らしてコスト削減
色の安定性が高く、始動時や印刷途中の色ムラによる印刷ロスが減り、紙・インキの無駄が削減できます。また、フレキソ印刷で使用するゴム版や合成樹脂版は繰り返しの使用が可能なため、リピート物などの納期短縮コスト削減にも貢献します。
製版工程でも
従来薬品処理が必要な製版工程も、弊社では薬品を使用しないダイレクト彫刻機にて、薬品レスの生産環境実現に取り組んでおります。

フレキソ印刷の構造図解

フレキソ印刷とは?

フレキソ印刷は、凸版印刷方式の一種で、版材の表面にアニロックスロールと呼ばれるローラーでインキを付け、その版にインキを転移し押しつけ印刷します。
アニロックスローラーにつきすぎたインキは、ファウンテンロールやドクターブレードと呼ばれる板によってかき落とされ、常に安定した量のインキが版の表面に供給されます。
環境にやさしいUVインキなどを使用しているため、環境問題に関心の高いヨーロッパでは各種包装材の印刷方式として普及しており、近年日本でも、環境への配慮が求められる印刷業界において注目を浴びています。

多彩な表現力と信頼の技術力でお応えします 多彩な表現力と信頼の技術力でお応えします
フレキソ印刷によるインパクトのある特殊効果の例

インパクトのある特殊効果

金・銀インキ、蓄光インキ、パールニス、疑似エンボス加工、特殊光沢・マット加工など高い付加価値をもった印刷で他の製品との差別化を図れます。

エンドレス印刷くるくるロールPOP

エンドレス印刷

連続柄が可能な巻き取り印刷による、連続柄のロールPOP「くるくるロールPOP®」は、その名の通りロールになった訴求効果の高いテープ状のPOPです。

くるくるロールPOPについて
フレキソ製版部門で受賞の盾と作品

フレキソ製版部門で受賞

ヨーロッパの「フレキソ・テック・アワード」フレキソ製版部門を受賞。
弊社の技術と高品質な印刷が認められました。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせはこちら

052-444-2323

FAX:052-444-2636

事業内容

PAGE TOP